かつらの人工毛はどこまで短くできるか?

どうせかつらにするのであれば、それなりに自分のこだわりを見せたい!と考える人も多いと思います。そこで、どの程度のヘアアレンジが可能であるのか、調べてみました。

まずは、かつらだからといって、別に髪を長くしたいという訳ではない!という、こだわりの人もいると思います。例えば、スポーツ刈り。若い頃、スポーツをしていた人でしたら、短い髪の毛で格好良く決めたいと考えているのではないでしょうか。

そこで、調べてみると、少し難しそうでした。通常、かつらを作るには、最低でも5cmから7cm以上の髪の毛の長さが必要と言われているそうです。そうでないと、自分の髪に馴染まなかったり、若干不自然さが出てしまったりするそうです。

ただし、朗報もありました!今も以上のようなかつらは存在するものの、少し古い話のようです。最近では、技術的な進歩があり、貼り付けるタイプのかつらが登場し、最低ラインが下がったようです。何と、毛の長さが1cm程度のかつらを作ることが可能になったそうです。

この辺りの技術は、お店によると思いますので、それぞれの会社にまずは、短い毛でもかつらが作れるかどうか質問して自分にフィットした会社を探すようにしましょう。

こんなこともできる!?かつらでパーマ!

続いて、自毛のパーマでは、髪の毛が痛み減ってしまいそうで怖かったけれど、かつらだったら、冒険してみたい!でも大丈夫?と感じている人もいると思います。そこで、調べてみたところ、パーマも可能ということでした!

自前の髪の毛には、通常のパーマをかけて、人工毛には、それ専用のパーマをかけるそうです。特に人工毛のパーマは、専門的なことになりますから、専門のサロンやかつらを作った会社に相談してみると良いでしょう。自毛と人工毛のパーマを同じ場所で、同時にかけてもらうのが手っ取り早そうですね。

こうやって調べてみると、かつらって思っていることは、意外に何でもできそうな感じですね。何はともあれ、自分のかつらを初めて作ってもらうときや、メンテナンスしてもらう時に、希望を伝えてベストな選択ができると良いですね。