かつらを利用するときの基本的な疑問

「かつら」と聞いて、素朴な疑問がいくつか思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか?例えば、暑くてもそうでなくても、とにかく蒸れない?とか、単純にバレない?といった疑問を思い浮かべる人は多いと思います。

以上の疑問は、単純に生活に支障はない?ということですよね。そこで、どのくらい普通の生活ができるのか、皆さん興味があると思いまして、このページでは、いくつかその辺の事情について調べてみました。シンプルな疑問をここで解決しておきましょう。

まずは、寝るときの疑問。…どうやって寝ているの?というのは、誰もが疑問に思うところでしょう。色々と調べてみると、基本的に自分で取り外しができるのであれば取り外して就寝ということでした。

かつらをつけることで頭皮や毛髪に負担がかかるので、残っている自分の頭皮・毛髪を休ませてあげることは大切ということでした。いい加減な対応をしていると抜け毛の原因になりますから要注意です。

また、かつら自身のメンテナンスも忘れないようにしましょう。型崩れや、くせがつかないようにかつら台などを利用すると良いということでした。きちんと保管しましょう。

神経質でなくてもOK、でも完全ではない!

続いて、バイクに乗る人や工事現場等危険な現場に訪れる機会がある人が、きっと気にするヘルメット問題です。また、お洒落な人でしたら帽子も気になりますね。

少し調べてみると、やはりヘルメットや帽子を外すときに、かつらまで外れてしまわないように気をつけましょう!という普通のことが書かれていました。完全に取れないようには付けられないのでしょうね。

また、それだけではなく、ヘルメットや帽子の長時間着用にも気をつける必要があるそうです。汗で蒸れたり、人口毛髪をいためたりする原因にもなるそうですよ。注意してくださいね。

最後に、少しレア(?)なケースとして、。飛行機に乗る前に、金属探知機による検査があります。かつらの中には金属の留め金を使った物もあるので、ここで反応しないのか?という疑問もありますよね。

こちらに関しては、絶対に反応しないとは言い切れないそうです…。頭に金属探知機が反応するのですね。ただ、女性用のヘアピンが反応しないくらいですから、かつらのヘアピンもそれと同じ程度、反応した実例はほとんどないようです。こちらは、あまり神経質になる必要はないようですね。

以上のように、それぞれ確認してみると、かつらは、「帽子のように」普通に使用していれば問題ないようです。安心してかつらを選んでみましょう。